典雅文房 嵩山堂はし本

繁体/簡体/English

新着情報

掛軸のご案内 ~大徳寺 一行書「春入千林處々鶯」~

オンラインショップ2020年11月12日

「春入千林處々鶯」

はるは せんりんにいる しょしょの うぐいす

春の気配が林という林に充ち 至る所で鶯が鳴いている。

【 参考 】
「春入千林處々花 秋沈満水家々月」
春は千林に入る処々の花、
秋は万水(ばんすい)に沈む家々(かか)の月と『禅林句集』にある。

春にはどこの林や野にも草木が芽吹き花が咲き、
秋にはどこの家にも月は輝き、どこの水にも月は宿る。

このように、目の前の森羅万象すべてに
平等に仏の世界(法性)が行き渡り、
人という人みな仏性のない人はいない、とのこと。

大徳寺 孤篷庵の前住職、小堀卓厳 の一行書になります。

大変貴重です。

こちらもオンラインショップにて定価230,000円の所、100,000円で販売致します。

https://suuzando.co.jp/onlineshop/bargain/scroll-bargain/5637/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


PAGETOP