典雅文房 嵩山堂はし本

繁体/簡体/English

新着情報

掛軸のご案内 ~大徳寺 一行書「白珪尚可磨」~

オンラインショップ2020年09月16日

 

「白珪尚可磨」

はくけいなおみがくべし。

 

白く清らかな玉は黒ずんできたら、磨けば元通りの清らかさを

取り戻すことはできるが、失言という言葉の黒く染まったものは

決して元の白紙に返すことはできない という意味です。

これは謝霊運の「初めて石首城を発す」と題する詩の中の

白珪尚可磨 白珪尚磨く可し

斯言易為緇 斯の言は緇と為し易し

から出たものと考えられます。

 

 

大徳寺 孤篷庵の前住職、小堀卓厳 の一行書になります。

 

 

大変貴重です。状態も良いです。

オンラインショップにて定価230,000円の所、100,000円で販売致します。

この機会に、ぜひご覧ください。

掛軸 大徳寺 孤篷庵 小堀卓厳 一行書 「白珪尚可磨」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


PAGETOP