自分流の文字をすてきに

自分流の文字をすてきに

メール全盛の時代です。日々の生活で、お友達や会社での様々な人間関係の中の
情報のやりとりをされるのはメールを中心とした情報機器です。
しかし大切な人間関係を築く為には自分で書いた文字は、
心の温かさを伝える大事な要素ではないでしょうか。
ファッションを四季ごとにもとめるように、自分流の文字をひきたたせる
葉書、カード、レターセット類も季節の移ろいを感じさせる要素として
四季ごとに選ぶことも大切なことではないでしょうか。
「こころのこもった あなたの文字 それはことばの ぷれぜんと」
自分流の文字を大切なコミュニケーションツールにお使い下さい。

7月

 

作品イメージ

 

京の街ではコンコンチキチン
コンチキチンと祭りを迎えてお囃子が聞こえてくる季節となります。
お暑さ、御挨拶の季節でもあります。
自分流ことばのぷれぜんとをお楽しみください。

6月

 

作品イメージ

 

水無月は水の月という意味だそうです。
むしむしと雨の多い月ですが、カエルのうたが聞こえてくる頃ですね。
暑さも感じる頃、抹茶アイスも美味しいですね。
夏休みの計画を楽しむ頃でもあります。

色々楽しい事いっぱいありますように。

5月

 

作品イメージ

 

あなたらしい文字を加えて
ドレスアップしてお使いください。

4月

 

作品イメージ

 

薫風自南来 殿閣生微涼
近頃は空調のいきとどいた部屋にいると、風の香りを感じる事が少なくなりますが
夏の訪れを迎える頃となります。

3月

 

作品イメージ

 

楽しい雛祭り
お母さんがごちそうたくさん作ってくれました
ありがとう お母さん

2月

 

作品イメージ

 

立春も過ぎ春の訪れを感じる頃となります。
たんぽぽの綿ぼうしが新しい世界に旅立つように、季節の移ろいがすすんでまいります。

1月

 

作品イメージ

 

はし本のうさぎさん。
今年も元気に飛び跳ねて参ります。

12月

 

作品イメージ

 

お世話になった方々に、年の初めのご挨拶
頂くとうれしくなつかしい年賀状の季節となりました

11月

 

作品イメージ

 

雪の知らせが届く頃となります。

来年も運がたくさん届きますようにと
「ん」の文字を集めたお葉書で佳いことたくさんありますように。

10月

 

作品イメージ

 

お待たせしました!来年はぼくの年です。よろしくね!

9月

 

作品イメージ

 

作品イメージ

 

味覚のあき
今年もおいしいお米がたくさん獲れました
甘〜いぶどうも召し上がれ

8月

 

作品イメージ

 

まだまだ暑い日が続きます
親しい方へのお便り、心遣いを頂いた方々へ、
ことばのぷれぜんとを添えて

7月

 

作品イメージ

 

夏のお葉書
書いて楽しい、届いて嬉しい

6月

 

作品イメージ

 

作品イメージ

 
 

「お父さん ありがとう」

 

「ゆったり のんびりしてね」

 

 

5月

 

作品イメージ

 

作品イメージ

 

はし本に新しく登場の猫ちゃん
毎日 毎日 お世話になっている
ママさん 有難う

4月

 

作品イメージ

 

たのしいね
こいのぼりの雄姿に負けず、元気に初節句迎えました。

3月

 

作品イメージ

 

創業者 橋本五十次筆「中」の文字を、毎月7日前後に飾り
温故知新の心持ちを学ばせて頂いております。

2月

 

作品イメージ

 

立春大吉
今年もおひな様をお飾りする季節となりました。

1月

 

作品イメージ

 

あけましておめでとうございます。
今年も和文具世界の高みをめざし
努めて参りたいと思います。

12月

 

作品イメージ

 

今年も無事終えることが出来ました。
お世話になったあの人 この人。

11月

 

作品イメージ

 

作品イメージ

 

今年も残り2ヶ月 何かと気ぜわしくなって参りました。
今年、はし本の仲間入りしたねこさん一家。
年賀状に挑戦 挑戦。

10月

 

作品イメージ

 

作品イメージ

 
 

「至福の時」

 

「紅葉狩」

 

今年も紅葉狩りの季節となりました。
好きな本を携えて東に西に出かけて行きます。

9月

 

作品イメージ

 

作品イメージ

 
 

「ようやく秋の声 ほっといたしましたね」

 

「月さん 山のうさぎはおねんねか」

 

月を感じる頃となりました。

8月

 

作品イメージ

 

作品イメージ

 
 

「涼」

 

「おたのしみ」

 

蝉の声の移り変わり 虫の音に秋の訪れを感じる頃となります

7月

 

作品イメージ

 

作品イメージ

 
 

「だいすき」

 

「あついね」

 

御中元 暑中見舞いはがき
いつものように季節が巡って参ります
手書き文字でお便り頂くと、ほっと気持ちが和みます

6月

 

作品イメージ

 

作品イメージ

 
 

「今夜のおたのしみ」

 

「おとうさん 飲みすぎないでね」

 

第3日曜日は父の日
家族揃って団らん お父さんご苦労かけます

5月

 

作品イメージ

 

作品イメージ

 

作品イメージ

 
 

「おかあさん ありがとう」

 

「ありがとう」

 

「こいのぼり 大きく なあれ」

 

5日は端午の節句 第2日曜日は母の日
何時までも家族揃って賑やかに

4月

 

作品イメージ

 

作品イメージ

 

作品イメージ

 
 

「おめでとうございます」

 

「どなたから」

 

「お風呂にも」

 

男の子のお祝いもお忘れなく お賑やかに

3月

 

作品イメージ

 

作品イメージ

 

作品イメージ

 
 

「おめでとうございます」

 

「さくら咲きました」

 

「さくら月夜」

 

新しい門出を祝い 楽しい祝い賑やかに

2月

 

作品イメージ

 

作品イメージ

 

作品イメージ

 
 

「御祝」

 

「春がきた」

 

「いらっしゃい」

 

立春も過ぎ、春の足音も聞こえる季節となりました。

1月

 

作品イメージ

 

作品イメージ

 

作品イメージ

 
 

「福いっぱいありますように」

 

「おめでとうさん」

 

「いいことたくさん
ありますように」

 

2015年 あけましておめでとうございます。
福の神様が次から次へとお越しくださいますように。

12月

 

作品イメージ

 

作品イメージ

 

作品イメージ

 
 

「天地皆春 元旦」

 

「歳頭祝慶」

 

「迎春 
本年もよろしく
おねがいいたします」

 

今年も残り少なくなりました。
お世話になったあの人に
私とひとめで分かっていただける年賀状を書いています。

11月

 

作品イメージ

 
 

「たのしみね」

 
 

作品イメージ

 

作品イメージ

 
 

「御長男誕生おめでとう 
どんなにかお喜びのことでしょう 
御祝いを送らせていただきました」

 

「おすこやかに」

 

クリスマス、お正月の準備、忙しい日々が続きます。
そんな中、また嬉しいお知らせも届きます。
心のこもったお祝の言葉も大切なプレゼントですね。

10月

 

作品イメージ

 

作品イメージ

 
 

「あまいね」

 

「里の秋」

 

高雄のもみじ、東福寺のもみじ。
京の都は秋いろいろです。
堀川通りの銀杏も美しいものです。

9月

 

作品イメージ

 

作品イメージ

 

作品イメージ

 
 

「やさしいばあばへ 
孫より」

 

「やさしいじいじに
孫より」

 

「還暦 古希 喜寿 傘寿 米寿 米寿 卒寿 
白寿 おめでとう 紀寿」

 

敬老の日をむかえます。
60、70はなたれこぞう おとこざかりは百から百から
わしもこれから これから 
と高名な彫刻の先生が書かれています。

8月

 

作品イメージ

 

作品イメージ

 
 

「Together」

 

「ぼくんち」

 

わんちゃん好き、ねこちゃん好きも
いっしょにおでかけする事も多くなります。
家族の一員として大切な仲間ですね。

7月

 

作品イメージ

 

作品イメージ

 

作品イメージ

 
 

「お暑さ御見舞申し上げます
おからだは大切に」

 

「晴れた空 夏の太陽 
なんたって 海が一番さ」

 

「お暑さの御見舞いを
申しあげます。」

 

暑さ厳しく暑中見舞、旅先からのお便りが届く頃となります。

6月

 

作品イメージ

 

作品イメージ

 

作品イメージ

 
 

「ビールでもどうぞ」

 

「いつもありがとう 
すてきなお父さんへ」

 

「おとうさん 毎日お仕事ご苦労さま 
体に気をつけて 頑張ってね 
いつもありがとう」

 

6月の第3日曜日は父の日です。
一言入れておくりものに。貴方のやさしさが伝わることでしょう。

5月

 

作品イメージ

 

作品イメージ

 
 

「お母さんありがとう」

 

「ありがとうおばあさん」

 

いくつになっても何かとお世話になります。
おかあさんいつまでも変わらず、お元気で…

4月

 

作品イメージ

 

作品イメージ

 

作品イメージ

 
 

「どうぞ」

 

「おいしそう」

 

「春ですね」

 

陽気な気候で、お出かけの楽しい季節です。
親しい方に心弾ませるお便りをどうぞ。

3月

 

作品イメージ

 

作品イメージ

 

作品イメージ

 
 

「ひとつちょうだい はやく」

 

「きっとめがでる」

 

「さくらさくおめでとう」

 

卒業や入学…いろいろ佳いことがたくさんある季節です。
よいときも、そうでないときも、前へ前へ進んでいきましょう。

2月

 

作品イメージ

 

作品イメージ

 
 

「ひなあられどうぞ」

 

「おまたせ」

 

楽しい楽しい雛祭り
お友達と美味しいものを頂きましょう。

1月

 

作品イメージ

 

作品イメージ

 

作品イメージ

 
 

「おめでとうございます」

 

「どうぞ」

 

「福はうち」

 

2014年、新しい年をお迎えします。
今年も平安な一年でありますように。

12月

 

作品イメージ

 

作品イメージ

 

作品イメージ

 
 

「福いっぱいありますように」

 

「明けましておめでとう」

 

「春風献上」

 

今年も残り少なくなりました。
年賀状やお年玉の準備はおすみでしょうか。
勢いよく私らしい文字でチャレンジ。

11月

 

作品イメージ

 

作品イメージ

 

作品イメージ

 
 

「待っててね」

 

「おたのしみ」

 

「ぷれぜんと」

 

そろそろクリスマス、あの子にこの子にもたくさんプレゼント。
考えるだけでも楽しいですね。

10月

 

作品イメージ

 

作品イメージ

 

作品イメージ

 
 

「うれし たのし」

 

「秋 いろいろ」

 

「秋の京都で紅葉狩楽しみね」

 

秋が訪れ、旅に出かける季節になりました。
親しい方々と、秋のいろいろを楽しみましょう。

9月

 

作品イメージ

 

作品イメージ

 

作品イメージ

 
 

「ワッショイ コラショイ」

 

「どんぐりころころ」

 

「おいしい贈り物」

 

秋祭り、味覚の季節です。
とんぼを昔はあきつ(秋津)ち呼んでいたそうです。

8月

 

作品イメージ

 

作品イメージ

 
 

「つきに秋草」

 

「秋のおとどけ」

 

 

作品イメージ

 
 

「吾輩の大好物の品 極めて美味 ありがたく頂戴いたし候ふ」

 

まだまだ暑さの続く今日この頃ですが
立秋を向え、涼風至り
清風明月の頃へと時は流れて行きます。
ひぐらしに秋の訪れを感じるのもこの頃となります。
京都では大文字の送り火が行われます。

7月

 

作品イメージ

 

作品イメージ

 

作品イメージ

 
 

「きもちいい」

 

「そんなに食べて
ポンポンだいじょうぶ」

 

「ちょうだいな」

 

 

作品イメージ

 

作品イメージ

 
 

「冷たいものでもどうぞ」

 

「暑中御伺い申し上げます」

 

白雲や流水を感じながら、
親しい方々と“文字”のやりとりをする季節となりました。
葉書や金封に自分流の心遣いをお楽しみください。

6月

 

作品イメージ

 

作品イメージ

 

作品イメージ

 
 

「青葉をたのしむ」

 

「雨がすき」

 

「ほたるこい」

 

 

作品イメージ

 

作品イメージ

 
 

「それそれ 暑おすなぁ」

 

「まもなく七夕ですね あなたの願いは何? 
ことしこそ心に残る一句を」

 

水無月という言葉がありますが、くらしの中では“水”を身近に感じる頃となります。
風と共に季節がめぐってきます。
親しい方との“文字”のやりとりに自分流の文字を…

5月

 

作品イメージ

 

作品イメージ

 

作品イメージ

 
 

「うれしい」

 

「いちごがすき」

 

「月夢」

 

 

作品イメージ

 

作品イメージ

 
 

「可愛い」

 

「お疲れさま」

 
 

ページトップへ戻る