会社案内

  • お客様の声
  • 表現
  • 売場
  • 人
  • 商品

当社の基本的な考え方

はし本の仕事

日本の伝統的な文化は奥が深く、なかなか日常生活の場面で出会う機会が少なくなっています。
しかし、常に時代の中で人々の支持を受けるような商品作りをする中で、
その中にもふと立ち止まって振り返ると伝統があると考えます。
現代のような変化の激しい時代に「和」の品々をうまくマッチさせることは
なかなか困難な仕事ではありますが それが“はし本”の仕事と考えています。

和の世界

和の世界は引き継がれる伝統が基本にあり狭い世界とみられる事もありますが、
引き継がれる和の心こそ、日本人にとっての一番暖かい居場所になっていると思います。
その伝統を掘り起こし今に使うこと、つまり温故知新が「和」の側にいつもあります。

現代の暮らしの中の伝統

現代において、筆文字で手紙を書く事は少々堅苦しい事と思われる方もおられるのではないでしょうか。
ところが、筆で文字を書くという事は本来とても自然な人の暮らしを意味しています。
日本の庭を持つ家に住まい、香を聞き、心を落ち着かせ和紙に墨と筆で
その時の気持ちを文字に表現してゆく。自然にかこまれた世界にいることになります。

たとえ住まいが高層建築となり、メールで簡単に伝える事のできる時代となっても
ふと心を落ち着かせ、自然の営みに耳を傾け、自分の想いを自筆の文字に託す。
その文字の重みを知り文字の上手下手に関わらず、書く楽しさ、伝える楽しさ、
おくる相手の笑顔を大切にしていきたいと考えます。

人の力

その考えを可能にしてゆく為には、自然な生活の中で感じる季節感、和の伝統と感性を
重んじたデザインなど様々な要素が求められます。そして、その要素を実現する為の
様々な人の力が必要となります。
私達を支えて頂いているお客様、私達の思いを現実の形にしてくれる様々な人たち、
そして橋渡しをする人たち。そんな様々な人の力ではし本は支えられています。

新しい事への挑戦

和の伝統をふまえ、今の暮らしにあった商品作りをする。変化の激しい時代の中で
常に継続して新しい事に挑戦する事は、体力・気力とも必要であり困難に直面することも
ありますがそこに、少し遊びを加える事により楽しさを伴う事が可能となります。
まだ歴史の浅い会社ですが、このような思いで歩んでいます。
これからもひとつの思いを大切に、伝統と現代の暮らしを関連させた新たな仕事の輪を広げてゆきます。

ページトップへ戻る